(豆知識)お宮参り 額の文字(お宮参りの風習)

お宮参りという人生儀礼の行事も、地方・地域によっていろいろな風習があります。

 

その1つが、お宮参りを迎える赤ちゃんの額に「犬」という文字や「✕」の印を書く風習があります。

 

これは魔除けの意味があり、男の子は墨で、女の子は紅で書くというところもあります。
犬の子はよく育つという由来から「犬」と書く風習でもあるそうです。

 

他にも「大」「小」などの文字も

他にも京都などでは男の子には「大」、女の子には「小」と文字を書くところも。

 

「大」は男の子に、元気に大きく育つように、という願いを込めて、「小」は女の子に、健康に優しく育つように、という願いを込めて書くとのこと。

 

それぞれの文字や書き方、やるかやらないかなどの風習はその地域によって、また家族代々によってなどで異なりますので、事前に地元の神社に、おじいちゃん・おばあちゃんや親戚などに聞いて確認しておきましょう。

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

 

※お宮参り神社どっとこむでは、実際にお宮参りを行った方の体験談を募集しております。
お宮参りの体験談アンケートにご協力下さい

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

お宮参りで神社・お寺を訪れたら運だめし!!おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

※当サイトに掲載希望の神社様は、こちらのお問い合わせフォームから「神社掲載の希望」を送付ください。
※もし「神社名・住所・電話番号などの間違い」などがありましたら、同様にお問い合わせフォームからご一報下さい。即時対応いたします。

 

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです