お宮参り・初宮参りドットコム

こちらの広告枠掲載についてはこちら→広告枠紹介・申し込み

※更新日:

(豆知識)お宮参り 時期はいつ頃? いつまでに?

男児は生後31日、女児は33日、でも地域によって大きく異なります

お宮参りを行う時期(いつ頃?)、神社・お寺に参拝に行く時期については、男の子が生後31日目、女の子が33日目、というのが一般的な日数であり、生後約1ヶ月頃に行います。

お宮参りの時期(女の子、男の子) 地域によって時期が異なります

 

ですが地域によって祝う時期については様々であり、男児30・31・32日目や女児31・32・33日目など前後する日程でも行われます。

また地域によっては、初七日と一緒に7日目に、また100日目に行うところもあります。

 

※↑こちらのページで赤ちゃんの生後からのお宮参りの日数計算ができます。候補日の六曜(大安など)も一緒に表示されます。

主に寒い地域や寒い時期に出産の場合は100日頃に行うところも

主に北海道や東北・北陸など寒い地域では、寒い時期を避けて100日でお食い初め・百日の祝いとともに行うという地域も多くあります。

 

地域によっては「うちの地域ではお宮参りは100日で」と決まっており、神社・お寺のHPにもそういった記載がある場合もあります。

 

その他の地域でも寒い時期に出産の場合、無理をせず寒さが過ぎちょうど母子ともに体調が整う頃にちょうど100日くらいが重なりその時期にお宮参りを行う人も多くいます。

 

※こちらのアンケート分析ページで、お宮参りを行った時期のアンケートをとっており、30〜33日で行った人、100日で行った人がどのくらいの割合なのかを見ることができます

※↑こちらのみんながいつお宮参り・初宮参りを行っているのか、アンケート結果とその分析を掲載しています。

 

大まかに見て北海道・東北・北陸などで100日頃お宮参りを行う地域が多く、関東から以西では30〜33日のうちでお宮参りを行う傾向があります。

(もちろん、寒い時期かそうでない時期なのかなどのことも、お宮参りをいつ頃行うかに影響します)

 

お住まいの地域で時期も異なりますし、その地域の風習などもありますので、祖父母や親戚の方に聞いたり、氏神様であるお参りする神社に聞いてみたりするのも良いでしょう。
(当サイトの各都道府県神社一覧ページでは、有名神社の電話番号も掲載しています。iPhoneなどのスマートフォンをお使いなら、電話番号をタップでそのまま電話がかけられます)

ママの体調やお日柄、家族の予定とあわせて

神社でのお宮参り、着物のママが赤ちゃんを抱っこしている様子

※お宮参りの時期は母子ともにまだ体調が万全でない時期、ママと赤ちゃんの体調を第一に考え、日程をしっかり組む必要があります。
画像提供:snapmart

 

最近では厳格に日数にこだわるのではなく産後のママの体調にあわせたり、大安などのお日柄、一緒にお参りする家族や両家祖父母の予定などともあわせて、うまく日程調整することもよくあります。

 

お宮参りの頃はちょうど産後の床上げとしても、また一ヶ月検診もあったりなど、ママが産後にようやく外出や外での活動ができ始める時期です。

ママの体調を第一に考え、祖父母への連絡や手配などはパパに手伝ってもらうなどして、日程を調整して行きましょう。

 

時間帯としては比較的赤ちゃんのご機嫌な午前中がおすすめです。

 

また春や秋は天候や気温などお参りしやすい時期ですが、真夏の暑さや真冬の寒さの中での外出はなかなか大変です。

 

特にママさんや父方の祖母の方は着物を着て移動だったり、祝着を羽織ることもあったりとお宮参りの行事中もやることが多いので、できるだけ気候の穏やかな時や時間帯にうまく日程調整して柔軟にスケジュールを組むようにしましょう。

 

※日程調整や、お日柄などのチェックには↓こちらの六曜つき大安カレンダーをぜひご活用下さい

【特集】お宮参り出張撮影のすすめ

ブログでもお宮参りのいつ?を男の子・女の子それぞれ解説

 

お宮参りに関するアンケートにご協力ください

お宮参り(初宮参り)に関するアンケートを行っています。回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんのお宮参りへの関心度合いを見ることができます。

お宮参り・初宮参りに関するアンケート一覧ページはこちら

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

 

素敵なお宮参りの記念写真を撮ってもらいましょう

 

※当サイトに掲載希望の神社様は、こちらのお問い合わせフォームから「神社掲載の希望」を送付ください。
※もし「神社名・住所・電話番号などの間違い」などがありましたら、同様にお問い合わせフォームからご一報下さい。即時対応いたします。

 

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです