(豆知識)お宮参り 初穂料(お金)について

お宮参り 初穂料用ののし袋(金封)

 

初穂料(はつほりょう)とは、神社で祈祷してもらった際、「神様に奉納する金銭」として納めるお金のことをいいます。玉串料ともいいます。
(お寺では「祈祷料」として納めます)

 

お宮参りの初穂料 金額の相場は5,000円〜10,000円ほど

お宮参りの初穂料で包む金額は、神社によって異なりますがだいたい5,000〜10,000円が多いようです。

概ね10,000円〜としている神社が多いようです。

いくら包むかはお気持ちで…という神社もたくさんあります。

 

そういう神社では、上記にある金額あたりで文字通り気持ちで決めて包むようにしましょう。

金額によって授与物(御札やお守り、ベビー用品など神社からいただけるもの)が異なります。

 

当サイトの各都道府県神社ページでは、それぞれの神社の初穂料(祈禱料)も掲載していますので参考にしてみて下さい。
※各神社HP内に記載があるもののみ掲載。不明の場合は「?」と表記

 

お宮参り初穂料を入れるのし袋 書き方について

初穂料はのし袋に入れ表書きには「初穂料」または「御初穂料」と記し、水引の下に赤ちゃんの名前を書きます。のし袋の水引は赤と白の蝶結びのものを使用します。

お宮参り初穂料 のし袋 表書き 書き方

 

のし袋の中袋には初穂料で包む金額を表に、裏に住所や氏名(赤ちゃんの)などを書きます。

お宮参り初穂料 のし袋 中袋書き方

 

初穂料を渡すタイミングは、祈祷前に社務所で受付をする際、手渡しで渡します。

 

※こちらの初穂料専門の姉妹サイト『初穂料どっとこむ』でも、「のし袋の表書きの書き方」や「金額の数字の書き方」などより詳しくお宮参りの初穂料について解説しています。ぜひご参考下さい。

 

※↑「初穂料」とすでに印刷されたのし袋も便利ですよ。

 

 

ネットショップで初穂料用ののし袋を購入したい方へ


祝儀袋 結納屋さんだからできる表書き★代筆・代書無料★ 3~10万円に最適(一般御祝用 蝶結び 赤白)

結納屋さんの金封【今治ハンドタオル祝儀袋】1〜10万円に最適 祝儀袋HM751【つるし雛】

 

このページを読んだ人は、こちらの豆知識ページもチェックしています

 

このページを読んだ人は、こちらのページもチェックしています

 

※お宮参り神社どっとこむでは、実際にお宮参りを行った方の体験談を募集しております。
お宮参りの体験談アンケートにご協力下さい

 

レッツ運だめし!ーおみくじをひこう!!

お宮参りで神社・お寺を訪れたら運だめし!!おみくじをひこう!(別サイト:おみくじドットコムへリンク)

 

※当サイトに掲載希望の神社様は、こちらのお問い合わせフォームから「神社掲載の希望」を送付ください。
※もし「神社名・住所・電話番号などの間違い」などがありましたら、同様にお問い合わせフォームからご一報下さい。即時対応いたします。

 

【NOTICE】
昨今当サイトのコンテンツを許可無くそのまま引用・コピーしているサイトの存在が見受けられます。そのようなサイトに対しては、こちらの「著作権について」のページにあるように、厳正に対処・対応させていただきます。
またもし当サイトを模した上記のようなコピーサイトを見つけた方は、こちらのお問い合わせフォームから教えていただけると嬉しい限りです